毎日洗っているのにべたつく髪の毛のケア方法

ケアを行うメリットですが、頭皮の毛穴の汚れを取ることによりべたついた髪の毛がさらさらになり、寝癖がつきにくくなり、髪の毛もまとめやすくなります。
また詰まっていた汚れがとれることにより、臭いがなくなりますので不快感から解放されます。
頭皮のトラブルも減少して、フケや痒みが減少します。
そしてケアにより頭皮の血行もよくなりますので、頭皮とつながっているお顔のたるみに効果があらわれます。また首や肩の血行もよくなりますので、肩や首の凝り、疲れ目にも思わぬ効果があります。

毎日洗っていてもすぐべたつく髪の毛が気になっていたので

何故毎日洗っていてもべたつくようになっていたのか間違ったケアについて考えました。
一つ目の原因として、特に夏の時期のべたつきが酷いことから、夏はシャワーで済ますことが多いため
しっかり毛穴を開いていない状態でシャンプーをしていたのが原因の一つと思われます。
二つ目の原因はシャンプーのやり方にも問題があったようです。
べたつきを取ろうとして一度のシャワーで2~3回ほどシャンプーをしていました。
頭皮を洗いすぎることにより、乾燥を補おうとしてかえって油分の分泌をうながしてしまっていました。
三つ目の原因は、コンディショナーの付け方に問題がありました。
地肌にまでたっぷりつけていたので、べたつきの原因となっていたようです。毛先の方を中心につけるべきでした。

頭皮のべたつきに適切なケアをしよう

まず、髪の毛を洗う前にブラシで丁寧に頭皮をとかし汚れをうかせます。
そしてシャワーで念入りに汚れを流し、湯船でじっくり温まって毛穴を開かせます。
毛穴が開いたら、シャンプーをよく泡立て地肌を念入りに洗います。
こめかみや後頭部はとくに皮脂の分泌が多いので念入りに洗います。
指がつかれる時は、頭皮をマッサージできる器具を使って、頭全体をもみほぐしました。
シャンプー剤を流す時も、シャワーで念入りに洗い流します。
洗い流した後のコンディショナーは地肌につかないように髪の毛に塗るように気を付けました。
スペシャルなケアとして、シャンプー剤を使うまえにオリーブオイルや椿油で頭皮をマッサージしたり
頭皮のクレンジング剤を使って地肌の汚れを浮かせました。
これらのスペシャルケアは週に2~3回行いました。

髪のべたつきは適切なケアが大切

髪のべたつきは洗えば洗うほど良いとはいえません。
洗いすぎて乾燥すると、乾燥を補おうとして体が油分を分泌してしまうからです。
また髪の毛にに良い効果をもたらすリンスやコンディショナー、トリートメントの付け方にも注意が必要です。
髪の毛には潤いや栄養をもたらしますが、地肌につけすぎてしまうとべたつきの原因となってしまうからです。
ですので、皮脂を落とし過ぎない髪質にあったシャンプー剤やリンス、コンディショナー類を選ぶ事も大事です。
後は、頭皮の汚れに応じてスペシャルケアを加えると良いと思います。
オイルでマッサージして頭皮の汚れを浮かして蒸しタオルで蒸すと効果がアップします。
頭皮専用のクレンジング剤もケアとして良いでしょう。
余裕があれば、お店でヘットスパをうけるのもいいすよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です